fc2ブログ

ぱらぱらまんが

ぱらぱたまんが01
ぱらぱたまんが01 posted by (C)oshiro

フリップブック=ぱらぱらまんがの紹介です。
本やノートのページの隅っこにイラストを描いてぱらぱらまんがを描いたことはありませんか?
自分では描いたことがなくても友だちが作ったぱらぱらまんがを見せてもらったことがある方もいることと思います
とてもポピュラーな視覚玩具の一つです。

続きを読むにはタイトルの「ぱらぱらまんが」をクリックして下さい。

ぱらぱらまんがを作るには製本された本やノートなどを利用するのが最適です。それほど大きなサイズである必要はありません。ページをめくった時にぱらぱらまんがが上手く動いて見えるには、大学ノートサイズでも端っこのほんの少しのエリアです。
用紙サイズとしては名刺程度のサイズがあれば十分でしょう。
単語カードなどを利用するのも上手い方法です。

こどもの城ではB4サイズの紙に絵を描き、自分で切って製本をしてぱらぱらまんがを作るプログラムを行っています。


用紙


自由に絵を描く用紙です。下の図は用紙のイメージです。図の下にあるリンクからPDFファイルをダウンロードしてご利用下さい。B4サイズの用紙です。
少し厚めの紙に印刷するとページをぱらぱらとめくり易いと思います。
こどもの城ではゾートロープなどの工作に使っているのと同じケント紙を使っていますが、少し厚すぎるようです。

B4_15+5白
B4_15+5白 posted by (C)oshiro

リンク:ぱらぱら用紙白PDF

この用紙は製本をすると横長の本が出来上がります。製本をすると綴じシロに近い方に描いた絵は上手く動いてみえません。そこでページの綴じシロ側に模様を入れて絵を描けないようにしてあります。
20ページとることが出来ますが、20ページ描くことをノルマにすると参加するこどもが尻込みしてしまうので15ページまでページ数がふってあります。右列はページナンバーが印刷されていません。間違えた際の交換用や、15ページに収まらなかった場合の延長用として使用しています。

本は製本した際に小口の部分(めくる部分)が綺麗に揃っていると上手にめくることができます。ぱらぱらまんがのページを飛ばさずめくるには、この用紙の縦線の裁断を正確に行うことが必要です。
この部分の裁断は大人がカッターナイフと定規を使って予め行っておくとよいでしょう。
そのため、こどもの城ではこの用紙を1〜5、6〜10、11〜15、ページナンバーなしの4列にカッターナイフで裁断してこども達に配布しています。

描く


1〜5、6〜10、11〜15と繋がった状態で描いてもページを切り離してから絵を描いてどちらでもかまいません。
こどもが描く場合は繋がったまま描いた方が順番を間違えにくくて良いでしょう。

こども達が絵を描く際にどのくらい絵を変化させると上手く動いてみえるか、どのくらいの長さのアニメーションをイメージしたらいいかが判るように見本をたくさん用意しておくとよいでしょう。

1〜2秒間程度の時間をイメージして動きを考えると丁度よいと思います。

15ページで収まらなかった場合は右側の列のページナンバーのない用紙に自分でページナンバーを書き込んで描いて下さい。
(こどもの城でこの用紙を使ってぱらぱらまんがの催しを行った際にページを足した子は未だいません。)


製本


絵が描き終わったら製本をします。
まず表紙を付けましょう。
下の「リンク:ぱらぱら表紙PDF」からPDFをダウンロードして、適当な厚口の色紙に印刷してご利用下さい。
タイトルと名前を書き込むと良いでしょう。

B4_表紙
B4_表紙 posted by (C)oshiro

リンク:ぱらぱら表紙PDF


事務用の大型ホッチキスを使って製本をします。
丁寧に紙を揃えます。小口の部分(めくる部分)を特に綺麗に揃えます。後のページほどページの端が飛び出しているように少し斜めに揃えるとめくりやすくなります。

次回、このページで紹介した用紙を使ってぱらぱらまんがの製作を紹介します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こどもの城映像科学部門

Author:こどもの城映像科学部門
東京、渋谷にある「こどもの城」の映像科学部門のスタッフです。4階ビデオライブラリーを中心に映画、アニメーションなどの映像や科学をテーマにした遊びプログラムを行っています。
読みたい記事は記事のタイトルをクリックして下さい。用紙のダウンロードなどが開きます。
twitterでは@Oshiro_AuVi03で催しのご案内などをお伝えしています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR